電車に乗っていると、「ガタンゴトン、ガタンゴトン」と音がするもの。これは車輪がレールの継ぎ目を通過する時の音だ。レールの継ぎ目にはわざと隙間を作っている。なぜならレールは鉄製のため、夏になると伸びるからである。初めから継ぎ目をピッタリ合わせておくと、夏に鉄が膨張したときに、レールの先端がつかえてしまい、横に曲がってしまう。継ぎ目にあらかじめ隙間を作っておけば、レールが延びても隙間の部分に収まる、といったわけだ。

ときどき「猛暑でレールが曲がった」と報じられることがあるが、これは想定外の暑さで鉄が伸び過ぎ、継ぎ目で伸びを吸収できなくなってしまうからだ。つまり、寒い冬は隙間が広がり、暑い夏は隙間が縮まる。そこを車輪が通過すると、ガタンゴトンと音が出るのだ。

レールの基準となる長さは25m。これは「定尺レール」と呼ばれ、かつてはほとんどの鉄道路線がこの長さのレールを繋いでいた。この25mという数値は、レールの伸びしろと継ぎ目のバランス、運搬などの都合で使いやすかったのだ。25mというと、電車1両の長さよりちょっと長い程度だから、電車が走ると常に「ガタンゴトン、ガタン」と音が鳴っていた。

しかし最近、その音の回数が減った路線が増えていることにみなさんは気づいているだろうか。ガタンゴトンと音を立てず、スイーッと電車が走るようになってきている。この理由は、25mよりも長いレールに付け替えられているからだ。設置場所によって長さも変わるが、25m以上200m未満のレールを「長尺レール」、200m以上のレールを「ロングレール」と呼ぶ。

ロングレールを使う最大の目的は、継ぎ目を減らすことだ。継ぎ目がなくなれば音と揺れが減って、乗り心地が良くなる。沿線の騒音も軽減できる。継ぎ目の点検や保守の手間も省ける。いいことずくめである。ただし、レールの膨張率については心配だ。だから、ロングレールの使用場所は、長大トンネルや地下鉄など、気温の差が小さい部分だけだった。

ところが鉄道技術者の研究により、「延びる部分はレールの端の部分だけ。レールの長さと伸びる長さは比例しない」という結果を得られた。そこでロングレールが積極的に使われるようになったというわけ。新幹線は初めからロングレールで敷設され、JRの在来線や大手私鉄でもロングレールへの交換が進んでいる。だから継ぎ目が減り、「ガタンゴトン」という音も減ったというわけだ。

ちなみに、ロングレール同士の継ぎ目も音が出にくい構造になっている。片方のレールを先端のように薄くして内側に、もう片方のレールは外側に少し曲げて、分岐器のような形の継ぎ目になっている。レールが伸びた場合も互いのレールは常に接触し続けて、隙間ができない。この方式は「エキスパンド・ジョイント」と呼ばれている。ここを車輪が通過するとき、音が出るけれど従来の継ぎ目の時よりはずっと小さい。

ちなみに、青函トンネルでは全長52.6kmものスーパーロングレールが使われた。東北新幹線では60km以上のスーパーロングレールが採用されているという。

ロングレールは25mの定尺レールを溶接して作る。現地で溶接する方法もあるけれど、終列車から始発までの限られた時間では施工できる距離に限界がある。そこで最近は、あらかじめ200m以上の長尺レールを作って現場に搬入するという。しかし、200mの長いレールはどうやって運ぶのだろうか。

在来線の電車の長さは最大で約20mだ。そう思えば25mのレールは鉄道貨車でも運べそうだ。在来線企画の鉄道線路はたいていどこかで他社とも繋がっているから、レールの搬入は専用の保線車両を使う場合が多い。道路で運ぶ場合はトレーラーを使うことになる。ただし、一般道路において12m以上のトレーラー輸送は、関係各所へ申請手続きが必要となる。新幹線など鉄道車両を道路で運ぶ様子は、皆さんも時々テレビなどのニュースで見たことがあるだろう。ということで、25mのレールも道路を利用しての輸送が可能といえる。

しかし、200mは長い。20mの通勤電車10両編成とほぼ同じ長さになる。縦にすると40階~50階建てのビルに相当する。そんなに長いレールをどうやって運ぶのだろう。貨物列車で運べるのだろうか。道路での輸送は曲がることができないので完全にNGだろう。それなら空はどうか。ヘリコプターで運ぶ方法もありそうだ。しかし、「落下したら……」と思うと怖い。

正解は「貨物列車で運ぶ」だ。もちろん鉄道線路は真っ直ぐな区間だけではなく、曲線区間もある。200mの長いレールを、どのようにして曲線区間を通過させるかというと、もちろん曲げて運ぶ。ロングレールを運ぶ専用の貨車があるのだ。それが、チキ5500形である。

チキ5500形は、コンテナ搭載用の貨車を改造した車両だ。同車両にはレールを固定するための黄色い装置が組み込まれており、これをレールの長さに合わせて連結して使う。ロングレールを運ぶ場合は複数の貨車にまたがって搭載することになり、それぞれの貨車で固定していく。このとき、端はしっかり固定するけれど、途中の貨車では多少の余裕を作っておき、レールが左右に動くようになっている。

貨物列車がカーブにさしかかれば、貨車の動きに合わせてレールも曲がる。カーブが終われば、レール自体の反力で元に戻る。レールは鋼鉄だから曲がらない、という先入観があるけれど、実際はよく曲がるものらしい。もっとも、曲がらなければカーブ区間にレールは敷けないから、既存の線路にあるカーブ程度は曲がらなければ困る。長さ200mに対して、レールの幅は14cm程度だから、イメージ的には”大きな針金”といったところだろうか。そんな風に曲がりやすいレールは、枕木や路盤のおかげでしっかり固定されており、私たちが毎日安心して電車に乗ることができるのだ。

【連載】鉄道トリビア (4) 駅の非常通報ボタンを押すとどうなる? | ライフ | マイナビニュース (via petapeta)

(via gkojax)

766 notes

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日:2010/10/27(水) 00:04:43.57 ID:gUyp6xxT0
世界陸上じゃなくて、リーマンの爆弾製造世界選手権とか無いの?
俺、かなり有望株だぜ。

『さぁ、まず計算ミス!先手を打ってきましたね、チャンピオンは』
「ええ、規模は小さいですが蓄積すれば大きな爆弾になりますよ」
『あっと!言われたことを忘れてます!メモをしていない!!』
「基本ですね。ただ、チャンピオンはこういう基本を疎かにしません」

『取引先に渡す見積書を放置しているようですが』
「はい、明日で良いやという姿勢も大切です。
 恐らく、最後の引き金にするつもりでしょうか?」
『あっと!!今日が納期だ!しかし、見積書のことは気に留めない!』
「明日でいいやって思うと次の日には忘れてるんですよね。
 納期が迫るほど爆弾は大きくなります」
『普通なら気付くのでは?』
「それはメモしていないからですね。
 メモしないことを伏線とするつもりでしょう」

『さぁ!いよいよ佳境!取引先から催促のメールが来た!
 そのメールでやっと見積書を思い出したのか!?』
「ここが勝負どころでしょう」
『お!焦って見積書にかなり適当な事をかいているようだぁ!』
「いや、本人は恐らく真面目に計算しています。
 ただ最初の計算ミスがここで生かされています!」
『あー!!ノーチェックだ!上司のハンコをもらわずFAXした!これはすごい!!』
「チャンピオンの勝ちパターンです!
 上司に見せれば怒られるので、ノーチェックFAXという大技です!!」

517 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま す 2010/11/05(金) 10:17:58.27 ID:SsBvtA430

»516 続き

『さぁ!ラストスパート!!不審に思った取引先が上司に電話した!』
「伏線は十分!後はどう連鎖するかですね!!」
『上司が見積書を手にとって震えている!
 そして…来た!チャンピオンの計算表を見直した!』
「いいですよ!最初の計算ミスが見事に利いています!!」
『上司の顔色が赤くなっています!!』
「ん~、ちょっと甘いですね。
 顔色を赤くでは無く、青くしないと…このままでは優勝は…」
『いや…あ~!!上司が今期の見積書を全て調べ始めた!
 これは…そして…顔から血の気が引いていく!!』
「素晴らしい!緻密な伏線から連鎖…
 そして溜めに溜めた全部デタラメの見積書まで…もう勝利は間違いないでしょう!」

腹がよじれるコピペ 続き BIPブログ (via nicetacks)

(via gkojax)

195 notes

(Source: norick, via al1again)

(Source: relentless-soul, via rdlf)

・プロになりたかったら応用技は後回しに(1にも2にも基本が大事
・人の上に立ったら知識の理論武装をし、相手にグウの音も言わせない知的腕力を使いなさい
・失敗を恐れて慎重になる、その気おくれがチャンスを逃す原因
・利益を出す発想がすっぽりと抜けている人が以外に多い
・お金に執着しなさい
・何が何でも一番を目指す、これこそラクして生きる最大の鉄則
・部下を叱ったら必ずその倍ほめる
・アマチュアは問題を複雑にし、プロは問題をシンプルにする
・個人プレーを磨いて初めてチームプレーができる
・歯車になるな、モーターになれ 2000社の赤字会社を黒字にした社長のノートのまとめ(5) | ブクペ (via fukunono22)

(via gkojax)

3,458 notes
トトロの本家のおばあちゃんとラピュタのシータのおばあちゃんと、ジョジョのエンヤ婆の声が同じ鈴木れい子という人だが、さらにねるねるねるねのCMの魔女でもあると聞いて、日本の婆と魔女の元締めとしか思えない。 Twitter / ASAILABOT (via gkojax)

(via gkojax)

146 notes
私たちはみな、最後には、途中で死にます。
物語の途中で。
たくさんの物語の途中で。 妹からスティーブ・ジョブスへの弔辞 (via tatsuyanis)

(via reretlet)

1,124 notes
テレビつけたらよく知らないオバサンが「私達の頃はセクハラ程度でガタガタ言ってたら仕事にならなかった」とかドヤ顔してるんだけど、あんたらが若いころに怠慢したから、いまの世代が困ってるんとちゃうんか Twitter / aoi_mokei (via igi)

(via igi)

388 notes
さらに難しいのが、社会人は他人に親切をするのは決して正しいことではないという問題があります。何かトラブルを起こした人がいたとして、親切心から対応してあげるとします。例えば要件定義が下手で必要な機能が含まれていなかった場合、仕方がないので追加費用無しで開発してあげると、その人もきっと喜んでくれるでしょう。ところが、社会人というのは親切を親切で返していたら上司に怒られてしまいますので、こちらのミスで何か実装が抜けていたりなんかした場合には、途端に手のひらを返して責めてくるのが普通です。社畜たるもの「上司>>>>>>>>>>客>>>越えられない壁>>>>下請け」という序列を骨の髄にまでインプットしているのが当たり前なのですから。また、そもそもトラブルを起こす人というのは、それなりの理由(無能、怠惰、口に出すのもはばかられるほどの悲しい理由など)があるのですから、この次もまた何かやらかす可能性は高いはずです。今回はたまたまそれがこちらが親切にすれば収束するものであったとしても、この次はそうはいかないかもしれません。そのとき、この人が言い訳として問題をあなたのせいにしてしまうことはあり得ないでしょうか。 フリーランスになって経験したトラブル | Selfkleptomaniac (via otsune)

(via gkojay)

178 notes